サーフィンがオススメスポットで、喜ばしい流れを求めてサーフトリップするにはモデルは七つ道具。ボードが積めてドライブもし易いモデル…となると、こちらにとってはトヨタのタウン立役者がちょうどよく、最近乗っているので3席まぶたとなる。中にボードを2・3枚積んだうえに、車中泊もしやすいようにしたいので、天井近くにラックを自分で組んで乗っている。
1席まぶたのタウン立役者は商用モデルだったので、屋根にやぐらみたいなのが載っていて、積み荷が散々積めたりして良かったけれど、買物に行くと一般のパーキングではなくて持ち込みモデル用の人間に誘導されたりして、ちょい困ったりもした。
2席まぶたはタウンエースワゴンで、全部の窓にカーテンがついていて、車中泊の時折プライベートな余りが保たれて結構快適だった。スカイライトルーフで車内が詳しいのも気に入っていて、中古で買ったけれどボロッボロになるまで13時も乗ってしまった。
最近乗っている3席まぶたはノアで、出先組み込みのエンジンが初めてなので、走っているときの静けさが最初はすっごくオリジナルだった。カーナビもETCも初遭遇でドキドキしていたけれど、慣れたら必ず便利で、「モデルってザクザク進化しているんだなあ」と。
次にモデルを買う時もサーフィンは続けているだろうから、またタウン立役者を選ぶと思うけれど、今度はどれくらい進化しているのか…楽しみなところである。車買取相場表で愛車の買取相場を調べるよりも高く売る方法とは?